JAひだ


 
Home
JAの概要
事業のご案内
店舗・事業所
ひだの農畜産物
トピックス
JAひだニュース
営農情報
職員採用情報
リンク集
お問い合わせ
 
飛騨の旬菜レシピ
飛騨旨豚(うまぶた)


とことんこだわり抜いた飛騨のブランド豚肉

 「食卓においしい笑顔と安全安心を届けたい!」―。そんな思いを込めた豚肉が「飛騨旨豚」です。

 飛騨旨豚は、旨味の向上や肉の柔らかさ、歯ざわりの良さを求めて黒豚を交配。飼育環境にもこだわり、生まれてから出荷に至るまで、抗生物質や合成抗菌剤といった薬物を一切使用しない飼料を与えるという国内でも極稀な方法で飼育されます。その分、入場前にシャワーをしてから作業をするほか、車両は洗浄消毒するなど、病気の侵入を防ぐことで豚の健康が守られています。さらに、与える水は深井戸(100m)からの天然アルカリ水を使用し、仕上げ飼料には麦と飛騨産米(玄米)をそれぞれ10%以上配合。飼料用米には熱をかけ、より人間が食べる状態に近づけた「おいしい」米が与えられます。

 手間やコストをかえりみず、「安全・安心・美味しさ」をとことん追求した飛騨旨豚。まだまだ普及段階のブランド豚肉ですが、その美味しさや取り組みが評価され、飛騨地域の飲食店や旅館・ホテルなどでの取り扱いも増えてきました。さらに、JAひだのAコープ店でも販売を開始。この美味しさ!一度味わったら二度三度と味わいたくなる一品です。

 
飛騨旨豚しゃぶ

〜しゃぶしゃぶで素材の良さを存分に味わおう!〜

材料(4人前)
飛騨旨豚ロース(しゃぶしゃぶ用) 200g
飛騨旨豚バラ(しゃぶしゃぶ用) 200g
飛騨ねぎ 1本
飛騨やまっこ 200g
飛騨の旬野菜 適量
だし昆布 つけだれ(お好みの麺つゆ)

準備

  1. ねぎの半量を薄く斜め切りにして水にさらし、水を切っておく
  2. 野菜は食べやすい大きさに切って器に盛る
  3. つけだれは好みの濃度にお湯で薄める
  4. 土鍋に水をはり、昆布を入れて火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す

食べ方

  1. 肉をしゃぶしゃぶして、さらしたねぎとともにつけだれで味わう
  2. 野菜を鍋に入れ火が通ったら、肉をしゃぶしゃぶしながら一緒に味わう

飛騨旨豚は火を通し過ぎないよう、うっすらピンク色になったくらいが食べごろです。


最新のレシピはこちら

 
飛 騨 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2007 JA-hida All rights reserved.
ご利用にあたって