JAひだ


 
Home
JAの概要
事業のご案内
店舗・事業所
ひだの農畜産物
トピックス
JAひだニュース
営農情報
職員採用情報
リンク集
お問い合わせ
 
飛騨の旬菜レシピ
飛騨トマト

〜リコピンの抗酸化力で活性酸素を撃退〜

 飛騨トマトの出荷最盛期が今年もやってきました。吉城トマト選果場には今年から新しい選果機が導入されたほか、高山でも来年の稼動を目指し、新選果場の建設が進んでいます。飛騨蔬菜出荷組合トマト部会の皆さんは、2年続いた異常気象による出荷量減少を挽回しようと、今年のテーマ「反収1t増加」に向かってそれぞれの地域で取り組んでいます。

 さて、前月号に引き続き今月もすき焼きと思われるかもしれませんが、今回は「トマト」が主役のすき焼きです。テレビで紹介されたメニューを生活指導員が料理してみたところ、トマトの酸味と肉のうま味が絶妙に調和し大好評。これは組合員の皆様にもぜひ試してみてほしいと、今回誌面で紹介することとなりました。

 「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど健康に良いトマト。特に注目なのがトマトに含まれる赤い色素「リコピン」。遺伝子や細胞を傷つける活性酸素の発生を阻止するだけでなく、ガン抑制に働く遺伝子を活性化すると言われています。

 
飛騨トマトのすき焼き

〜飛騨盛りだくさんのすき焼きで、元気に夏を乗り切ろう〜

材料(4人前)
トマト 6個
飛騨牛(飛騨豚) 500g
飛騨ねぎ 3本
飛騨やまっこ 100g
ハクサイ 4分の1
焼き豆腐 1丁
麩・酒・Aコープめんつゆ(※)
・ウスターソース
適量
※どんな料理にもピッタリ!
(Aコープマーク品)つゆ(3倍濃縮)
国産しょうゆ(大豆・小麦)、砂糖100%国産。
国産原料にこだわった万能つゆです。
お求めは、お近くのAコープ店舗まで。
「Aコープのつゆは、どんな料理にも合う万能調味料!トマトにもピッタリです」

作り方

  1. 食材を食べやすい大きさに切り、すき焼き鍋を熱して油(または牛脂)を入れ、弱火で鍋に馴染ませる。
  2. 櫛切りにした飛騨トマトをすき焼き鍋のふちに円を描くように並べる。
  3. 中央に飛騨ネギ、飛騨牛、飛騨やまっこ、ハクサイ、焼き豆腐(麩など)を並べる。
  4. 中火にして、酒、Aコープのめんつゆを適量鍋に回し入れ、ふたをして火を通す。
  5. 仕上げにウスターソースをかけて完成。

最新のレシピはこちら

 
飛 騨 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2007 JA-hida All rights reserved.
ご利用にあたって