JAひだ


 
Home
JAの概要
事業のご案内
店舗・事業所
ひだの農畜産物
トピックス
JAひだニュース
営農情報
職員採用情報
リンク集
お問い合わせ
 
トピックス

いただきま〜す♪飛騨の旬
〜特産農産物レシピを紹介します〜

JAひだ食農活動研究会

 美しい水、澄んだ空気、恵まれた自然環境の飛騨。その恵まれた環境のもと多くの農産物が栽培されています。

 このコーナーでは、旬を迎えた飛騨の農産物を紹介するとともに、その栄養素やおいしい食べ方をご紹介します。

 ぜひ飛騨産農産物でお試し下さい。

 「シュンギクの白和え」

シュンギクの白和え

 高山でシュンギクが収穫期を迎えました。山口町や中切町などのハウスで収穫されていますが、ホウレンソウなどにおされて生産農家は多くありません。
 家庭菜園では長く摘み取ることができ、しかも花も楽しめる野菜として人気があります。ヨーロッパでは観賞用として親しまれていますが、国内では以外に花を知らない人が多いようです。
 食用として利用するのは日本を始め、中国やインドなど東アジアだけだそうです。独特のにおいがするので敬遠されているようですが、日本でも子どものころは嫌いだったなんて声もよく聞きます。
 しかし、その香り成分こそがシュンギクの特徴で、自律神経を刺激して精神的な不安を取り除いたり、胃腸の働きを促して消化を助けてくれるそうです。ほかにもビタミンCとB群、カルシウム、βカロテン、鉄分、食物繊維が多く、栄養価抜群の野菜です。
 中でもβカロテンが多く含まれ、これは体内でビタミンAに変わって活性酸素から体を守り、細菌やウイルスなどに対しての免疫力を高めてくれます。また鉄分もホウレンソウに匹敵するほどで貧血気味の人には最適です。
 さて、シュンギクは癖のある野菜ですが、料理方法は以外にたくさんあります。定番の鍋料理を始め、生のままサラダにしたり、天ぷら、おひたし、和え物にも使われます。
火の通るのが早く、すぐに柔らかくなりますので、茹で過ぎには注意してください。さっと茹でればビタミンの流出が少なく、色も悪くなりません。

◆ 材料(4人分))

  • シュンギク・・・・・・・・250g
  • しらす干し・・・・・・・・20g
  • 木綿豆腐・・・・・・・・・・半丁
  • 炒りゴマ(白)・・・・大さじ3
《A》
  • しょう油・・・・・・・・・・小さじ2
  • だし汁・・・・・・・・・・・・大さじ3
《B》
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 薄口しょう油・・・・・・小さじ1

◆ 作り方

  1. シュンギクを茹でて2cmの長さに切り、水気を取ってAを加える。
  2. しらす干しをさっと水洗いして水を切る。
  3. 豆腐を熱湯の中で崩してからさっと茹で、布巾で絞る
  4. ゴマをすり鉢でよくすった後、3.を加えてさらにする。
  5. 4.にBを加えてすり続けながら混ぜる。
  6. 1.を絞って汁気を取った後、5.と2.を加えて和えれば出来上がり。
 

2010年5月14日 「シュンギクの白和え」

2010年5月14日 「アズキナの煮物」

2010年4月2日 「ホウレンソウ入りイモ団子」

2010年3月28日 「シイタケ熱々豆腐」

2010年3月19日 「ダブルネギじゃがスープ」

2010年3月12日 「野菜入りふきみそ」

2010年3月5日 「飛騨ほうれんそうのクリームコロッケ」

2010年1月14日 「エビ入り米粉団子の味噌炒め」

2009年12月25日 「サトイモとエビの素揚げ」

2009年12月24日 「そば・米粉クレープなんでも巻き」

2009年12月11日 「お米ピザ」

2009年12月07日 「豆腐ステーキきのこソースかけ」

2009年11月27日 「おからコロッケ」

2009年11月20日 「赤カブの小松菜巻き」

2009年11月13日 「飛騨ねぎのポタージュ」

2009年11月06日 「シイタケじゃが揚げ」

2009年10月30日 「ナツメの煮しめ」

2009年10月23日 「ロール白菜」

2009年10月16日 「サトイモのアブラエ和え」

2009年10月09日 「洋風風呂吹き大根」

2009年10月01日 「おにぎり」

2009年09月28日 「しおやもものシャーベット」

2009年09月15日 「ホウレンソウのクリーム煮」

 
飛 騨 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2007 JA-hida All rights reserved.
ご利用にあたって