JAひだ


 
Home
JAの概要
事業のご案内
店舗・事業所
ひだの農畜産物
トピックス
JAひだニュース
営農情報
職員採用情報
リンク集
お問い合わせ
 
トピックス

いただきま〜す♪飛騨の旬
〜特産農産物レシピを紹介します〜

JAひだ食農活動研究会

 美しい水、澄んだ空気、恵まれた自然環境の飛騨。その恵まれた環境のもと多くの農産物が栽培されています。

 このコーナーでは、旬を迎えた飛騨の農産物を紹介するとともに、その栄養素やおいしい食べ方をご紹介します。

 ぜひ飛騨産農産物でお試し下さい。

 「野菜入りふきみそ」

野菜入りふきみそ

 旬の感覚が薄れがちな昨今ですが、日ごろ道端などで目にする野草に関していえば、その時期を逃したら食べられない、まさに『旬』をいえるものがあります。その中で、春の息吹を感じさせてくれる野草といえばフキノトウでしょう。雪の中から薄緑色の小さなフキノトウが顔を出すと胸が躍りますが、それを味わうことで春の到来を体全体で感じることができます。

 春になると植物がいっせいに芽を出します。何でも食べられるわけではありませんが、ツクシ、タンポポ、ヨモギ、ノビルなどは見るだけでなく食用にもなります。昔の人はこうした野草を食べることで野菜不足を補い、冬の間にたまった老廃物を排出したといいます。春を迎え、体を目覚めさせる点でも理にかなったことかもしれません。

 野草を調理する場合は、その素朴な味や香りを大切にするため、いくつもの種類を一緒にせず、シンプルに調理するのが良いようです。ただ、灰汁(あく)が強いので食べ過ぎないようにしてください。

 フキノトウは花が咲く前の若いものほど苦味が少なく、香りが強いのが特徴です。苦味には消化を助ける作用があるばかりか、ビタミンAとなるカロテン、カリウムや鉄分などのミネラルも含んでいます。調理方法は天ぷらや佃煮などがありますが、今回はニンジンを加えた「ふきみそ」を紹介します。フキノトウのシンプルな味を感じたい人は、野菜を加える必要はありません。

◆ 材料(4人分)

  • フキノトウ・・・・4〜5個
  • ニンジン・・・・・・4分の1本
  • タマネギ・・・・・・4分の1個
  • みそ、ごま油、砂糖、酒、みりん・・・・適量

◆ 作り方

  1. フキノトウを良く洗い、多少柔らかくなるまで茹でて、水にさらす。
  2. 絞って水気を切った1.とニンジン、タマネギをみじん切りにする。
  3. フライパンにごま油を入れ、ニンジンとタマネギを加えて炒め、油がなじんだらフキノトウを加えてさらに炒める。
  4. みそを3.の量の4分の1程度加え、砂糖、酒、みりんを適量入れて弱火で焦がさないように煮詰めれば出来上がり。
 

2010年3月5日 「飛騨ほうれんそうのクリームコロッケ」

2010年1月14日 「エビ入り米粉団子の味噌炒め」

2009年12月25日 「サトイモとエビの素揚げ」

2009年12月24日 「そば・米粉クレープなんでも巻き」

2009年12月11日 「お米ピザ」

2009年12月07日 「豆腐ステーキきのこソースかけ」

2009年11月27日 「おからコロッケ」

2009年11月20日 「赤カブの小松菜巻き」

2009年11月13日 「飛騨ねぎのポタージュ」

2009年11月06日 「シイタケじゃが揚げ」

2009年10月30日 「ナツメの煮しめ」

2009年10月23日 「ロール白菜」

2009年10月16日 「サトイモのアブラエ和え」

2009年10月09日 「洋風風呂吹き大根」

2009年10月01日 「おにぎり」

2009年09月28日 「しおやもものシャーベット」

2009年09月15日 「ホウレンソウのクリーム煮」

 
飛 騨 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2007 JA-hida All rights reserved.
ご利用にあたって