JAひだ


 
Home
JAの概要
事業のご案内
店舗・事業所
ひだの農畜産物
トピックス
JAひだニュース
営農情報
職員採用情報
リンク集
お問い合わせ
 
トピックス

いただきま〜す♪飛騨の旬
〜特産農産物レシピを紹介します〜

JAひだ食農活動研究会

 美しい水、澄んだ空気、恵まれた自然環境の飛騨。その恵まれた環境のもと多くの農産物が栽培されています。

 このコーナーでは、旬を迎えた飛騨の農産物を紹介するとともに、その栄養素やおいしい食べ方をご紹介します。

 ぜひ飛騨産農産物でお試し下さい。

 「飛騨ほうれんそうのクリームコロッケ」

飛騨ほうれんそうのクリームコロッケ

 栄養たっぷりのホウレンソウの旬は冬ですが、今では品種改良によって一年中食べられるようになりました。

 とはいっても、この時期のものは低温期にじっくり育つため、ビタミンなどの栄養価が豊富に含まれ、甘味も増しています。氷点下になるとさすがに成長は止まりますが、マイナス10度くらいまでは凍ることはないようです。

 低温期に甘味を増すのは、冷たい風に当たり水分が減ってしまうと、凍らないように糖分を増して自己防衛をするからだそうです。

 ホウレンソウは体内でβカロテンに変わるビタミンAとBを始め、C、E、K、葉酸(ビタミンM)などのビタミン類が豊富なばかりか、鉄、マンガン、亜鉛、リン、ナトリウム、などのミネラルも多く含まれています。しかも手軽に調理できるという点で、いつも私たちの身近にある健康野菜だといえます。

 特にビタミンAは優れた抗酸化作用があるビタミンEと一緒になって、血管の若さを保ち、皮膚や粘膜の働きを強化し、さらに病気に対する抵抗力も高めてくれるといいます。また、貧血予防に欠かせない鉄分の含有量は野菜の中でトップで、造血作用のある葉酸も含んでいます。

 さて今回は、飛騨蔬菜出荷組合ほうれんそう部会が作成したレシピ集から紹介します。

◆ 材料(4人分)

  • ホウレンソウ・・・・1束
  • ベーコン・・・・・・・・4枚
  • タマネギ・・・・・・・2分の1個
  • バター・・・・・・・・・大さじ1
  • 生パン粉と油・・・・適量
  • 《A》
  • 牛乳・・・・・・・・2カップ
  • 小麦粉・・・・・・大さじ5
  • 動物性生クリーム・・・・・2分の1カップ
  • 固形スープの素・・・・1個
  • 《B》
  • 小麦粉・・・・・・・大さじ3
  • 卵・・・・・・・・・・・1個
  • 水・・・・・・・・・・・大さじ3
  • 米粉・・・・・・・・・・・・大さじ2分の1

◆ 作り方

  1. ホウレンソウを茹でて水を切り、2cm幅に切る。ベーコン、タマネギをみじん切りにする。
  2. 鍋にバターを入れ、1.のベーコンとタマネギを炒める。しんなりしたらAを加えてよく混ぜ合わせ、とろみがつくまで煮立ててからホウレンソウを加える。
  3. バットに広げて余熱を取り、ラップして冷蔵庫で3時間ほど冷ます。
  4. 冷蔵庫から取り出し8等分して形を整えた後、混ぜ合わせたBとパン粉を付け、170度の油で揚げて出来上がり。
 

2010年1月14日 「エビ入り米粉団子の味噌炒め」

2009年12月25日 「サトイモとエビの素揚げ」

2009年12月24日 「そば・米粉クレープなんでも巻き」

2009年12月11日 「お米ピザ」

2009年12月07日 「豆腐ステーキきのこソースかけ」

2009年11月27日 「おからコロッケ」

2009年11月20日 「赤カブの小松菜巻き」

2009年11月13日 「飛騨ねぎのポタージュ」

2009年11月06日 「シイタケじゃが揚げ」

2009年10月30日 「ナツメの煮しめ」

2009年10月23日 「ロール白菜」

2009年10月16日 「サトイモのアブラエ和え」

2009年10月09日 「洋風風呂吹き大根」

2009年10月01日 「おにぎり」

2009年09月28日 「しおやもものシャーベット」

2009年09月15日 「ホウレンソウのクリーム煮」

 
飛 騨 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2007 JA-hida All rights reserved.
ご利用にあたって