JAひだ


 
Home
JAの概要
事業のご案内
店舗・事業所
ひだの農畜産物
トピックス
JAひだニュース
営農情報
職員採用情報
リンク集
お問い合わせ
 
トピックス

いただきま〜す♪飛騨の旬
〜特産農産物レシピを紹介します〜

JAひだ食農活動研究会

 美しい水、澄んだ空気、恵まれた自然環境の飛騨。その恵まれた環境のもと多くの農産物が栽培されています。

  このコーナーでは、旬を迎えた飛騨の農産物を紹介するとともに、その栄養素やおいしい食べ方をご紹介します。

  ぜひ飛騨産農産物でお試し下さい。

 「ロール白菜」

ロール白菜

 畑には、大きな葉が丸く包み込むように膨れ上がった白菜が見られるようになりました。頭を軽く押さえると、巻き込んで固く締まった何枚もの葉の感触が手に伝わってきます。冬の食卓を賑わす白菜の収穫がもうすぐ始まります。

冬の野菜といえば。一番に思い浮かぶのがこの白菜でしょう。もちろん鍋料理には欠かせませんが、飛騨ではなんといっても漬物です。切り漬などは冬場の大切な食材として定着しています。雪深い飛騨では、冬場の栄養補給になくてはならない野菜です。

おもな栄養素は体に抵抗力をつけ、風邪の予防や疲労回復に効果があるビタミンCです。成分はキャベツに似ていますが、タンパク質や糖質が少なく、食物繊維やベータカロテンが豊富です。低カロリーなのでダイエットにも効果があるそうです。

また、豊富に含まれるカリウムがナトリウムを寄せ付けないため、漬物に含まれる塩分を緩和する働きを持ち、高血圧を予防する効果もあるようです。

ところで、白菜の中で一番甘みが強いのはどこかご存知ですが?

それは芯に近いところにある小さな葉で、白菜が結球しているときに外側の葉がどんどん栄養分を作って若葉に供給するためだそうです。余った栄養分は外側の葉にでんぷんとタンパク質という形で貯蔵されていくそうです。

◆ 材料(4人分)

  • 白菜・・・8〜10枚
  • タマネギ・・・2分の1個
  • ひき肉・・・300g
  • トマト・・・大きめ2個
  • しょうが・・・ひとかけ
  • 固形スープの素・・・1個
  • 豆板醤・・・小さじ1
  • みそ・・・大さじ1
  • ケチャップ・・・大さじ3
  • 塩・コショウ・・・適量
  • サラダ油・・・大さじ2分の1
  • 片栗粉・・・大さじ1

◆ 作り方

  1. 白菜の葉を熱湯に入れて、ややしんなりするまでゆでる。(ゆですぎてくたくたにしないこと)
  2. タマネギをみじん切りにする。
  3. ボウルに(2)とひき肉を入れ、塩・コショウを加えてよくこね、楕円形にして八等分する。
  4. (1)の白菜を広げ、芯のほうを手前にして(3)を置き、手前の葉をかぶせてから左右を内側に折り、手前からクルクルと包む。
  5. トマトは皮をむいてざく切りにしておく
  6. 鍋に油を入れて熱し、みじん切りにしたショウガと豆板醤、みそを入れて炒め、なじんできたら(5)を加え、さらに5分くらい炒める。
  7. 水2カップを加えてから固形スープの素を入れて溶かし、(4)を入れて落としぶたをして、中火で20分煮る。
  8. (7)を器に盛り付ける。
  9. 煮汁を弱火にかけて、大さじ2の水で溶いた片栗粉を入れ、とろみをつけて(8)にかければ出来上がり。

2009年10月16日 「サトイモのアブラエ和え」

2009年10月9日 「洋風風呂吹き大根」

2009年10月1日 「おにぎり」

2009年9月28日 「しおやもものシャーベット」

2009年9月15日 「ホウレンソウのクリーム煮」

 
飛 騨 農 業 協 同 組 合 Copyright(C) 2007 JA-hida All rights reserved.
ご利用にあたって